2009年12月30日

譜面【比較的新しいクラシック】

                                                                                                                                                             
No
曲名
編成
コメント
収録CD
201 A. Piazzolla/
リベルタンゴ
5重奏
BeeBee,2fl, Alto, Bass
BeeBeeという特殊な楽器をバンドネオンに見立てて使っています Prludes
202 G. Gershwin/
3つの前奏曲
4重奏
2fl, Alto, Bass
かっこいいけど難しいかなー。 Prludes
203 M. Ravel/
クープランの墓前奏曲〜フーガ〜リゴドン
5重奏
Pic, 2fl, Alto, Bass
結構評判が良いです。 Prludes
204 J. Lauber/
コルシカの幻影
5重奏
Pic(fl持替), 2fl, Alto, Bass
フルートオリジナル曲だが 元は4重奏。それを5本用に書き換えた。 Prludes
205 R. Vaughan Williams/
グリーンスリーブス幻想曲
5重奏+Pf
fl1,fl2,fl3,Alto,Bass
Pianoとのアンサンブル。美しい仕上がり。 2001年Sparkの旅
206 M. Ravel/
マ・メール・ロア(1〜5楽章)
4重奏+Pf
pic(fl1),fl2,Alto,Bass
美しく華やかに、ある時は重厚に仕上げてある。 2001年Sparkの旅
207 B. Bartok/
チーク地方の3つの民謡
4重奏
pic,fl1,fl2,fl3,Alto
3分程度の綺麗な曲。 ティリンコという笛から音を拾ったものだそうだ。 2001年Sparkの旅
208 Joaquin Rodrigo/
ある貴紳に捧ぐ幻想曲(1〜4楽章)
5重奏+Pf
Pic,1fl,2fl, Alto, Bass
Pianoとのアンサンブル。ピッコロを素敵に吹こう 2001年Sparkの旅
209 A. Piazzolla/
現実との3分間
5重奏+Pf
fl1,fl2,fl3,Alto,Bass
まさに3分間の戦い。めちゃかっこいい。 ピアノがすさまじく難しい。 2001年Sparkの旅
210 黛 敏郎/
BUNRAKU
4重奏
1fl,2fl, Alto, Bass
新境地開拓!特殊奏法を取り入れてまさに文楽の三味線や語りを表現。 2001年Sparkの旅
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。